FC2ブログ

    2017

01.10

« 冬コミ記 »

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

うん、2016年総括と新年のご挨拶が一緒に遅れてしまうのはもう恒例ですよね…わかってる、冬コミ参加したらもう終わりだと半ば思ってる…し…(水を得た魚のように見事なフォームで泳ぐ目) 
いやまー、早く原稿終わらせてしまえって話なんですけどね。
ほら、凡人ジャン?むしろボンクラじゃん?ムリじゃん?
まあ順番に消化ってことでまずは冬コミレポです。
ちなみに告知はするつもりで下書きしてたけでタイムアウトになった。

<冬コミ/前日まで>
浅海「冬コミ受かった」
名雪「マジで!?二度目ジャン!」
浅海「今度こそちゃんとした本出す」
名雪「今度こそトレペ本をだな…」

浅海「進捗やばいです」
名雪「同じく」

浅海「おかしな所ないかチェック―」
名雪「同じく」
名雪「泣いた…好き……」
浅海「…」
名雪「…あさみ?」
浅海「これ合同に入れよう」
名雪「――!?」
浅海「ダメ?」
名雪「く…っ、持ってけ!(かわいい」

あとはお決まりの原稿地獄車


<当日>
浅海「寒い!」
名雪「さっむ…!うちらシャッターの傍だ…」
浅海「寒い!」

→接客わたわた
名雪「あの、ちょっと本買ってきていい?」
浅海「ん?いいよ」
名雪「おっpい本買ってくる。多分アレは私が求めるおっpいだと思う」
浅海「おwまwえwwwいってらー」

→購入後
名雪「私もいつかおっpい本出したい」
浅海「いいよ」
名雪「やべえ事務所からOKでた」
浅海「誰でやるかが問題。綱手とか桃華さんとか」
名雪「いや、桃華さん無理だろ。だって殴るじゃん(個人的な感想」
浅海「殴る」

→接客わたわた
名雪「なー、今回アカ氏(突撃万歳な友人)くると思う?」
浅海「どうだろなー」
赤氏「うぃっす」
白氏「おぃっす」
浅海「わー」
名雪「やっぱり」

→普通に友人でお互いの相方をゲースロ地獄に沈めたい同志で御猫様とモフモフと怪奇とその他ごっちゃな友人の赤氏(&白氏)としばし歓談。
ンギィ!シャツかっこいい!!
チラ見えした時計がS&Wだったので「ほほう、それはもしやS&Wですかな?かくいう拙者の相方もスイsミリtリーでしてなwフォヌカポゥwww」って言っておきました。すっごいキモい。

→その後、撤収して中華食べて、イルミ見て解散。


というわけで2016年の冬コミも大変お世話になりました。ありがとうございました!前回に引き続き、
全種買いして下さる初めましての方々(お買い上げありがとうございます)、
新刊を問答無用でお買い上げ下さった常連さん方(いつも「中身確認しなくてイインデスカッッ」ってなってます)、
入場規制中の早い段階でいらっしゃった方(もしやサークルさん、でしょうか)、
はたまた「イツモ貴様ラヲ見テイル…!(要訳)」と我々の胸をトキめかせていかれた方(ありがとうございます///)、
代行お疲れ様ですさん(お風邪を召していないと良いのですが…)、
CP表現NG、CP固定さん(安心してください、入ってませんよ!)、
イベント初参戦の方(初めてを頂けて光栄です!/語弊しかない)…
沢山のお客様にいらしていただきました。
全体的に今回は話しかけて下さる方がいっぱいいて、驚いたやら嬉しいやら…!
新刊は一冊に絞った分、そこそこ厚い本にできたのではないかと思いますが如何でしょうか。
拙本が、皆さまの長閑を少しでも慰められたなら幸いです。次回もよりよい本を目指して精進していく所存です。
この度はご厚情を賜りました事、本当にありがとうございました。
浅海に代わり、生コンクリーツを代表して謹んで御礼申し上げます。深々。






うおー!個人的な結論としては、今回は本っっ当キツかった。
「チガウ…コウジャナイ、…チガウ、コレジャナイ…」と壁にぶち当たって何度最初から書き直したか。
内容そのものは書いても書いても足りないぐらいだし、削るならガツッっと削らなきゃならないしで…他にもetc。
何故かって?わかってる!仏間さんとモブの話が書きにくいからだよ!
だって仏間さんとモブってほぼ、モブとモブじゃん!仏間さんって原作でそこまで深く掘り下げられてないじゃん!
無理でしょいい加減にして!って感じでした。
それでも書いたのは、私と浅海さんが提唱する『千手兄弟の恰好よさ』を納得力のあるものにする為には二人のバックボーンである仏間さんの人となりを書かなきゃだめだって思ったからです。
モブについても同じ。
今後、禁術を含めた部分について書く機会が来た時の為に前提が必要だったからです。
浅海の漫画が全てを救済する役割を負っている為、小説はひたすら低空飛行を目指してみました。
新年早々根暗で正直すまんかったと思ってる。

ちなみに仏間さんの奥さんについては柱間さんと扉と瓦の間にある明確な違いを解決するひとつの方法として捏造したので、まあ、色んな奥さん像があってもいいんじゃね、みたいな…。
とにかく仏間さん関連はもう一生分書いたのでいいかな…と思うナユキでした。まる。
スポンサーサイト



道連れ!:  トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可